postheadericon 小さな部品を作る

精密機器には、精密に機械が作動するための小さな部品、細かい構造、仕組み……そのようなものが、詰まっています。
その中でも特に、精密機器の部品というものには、実に、外見にもそうだし、その製造方法にも、繊細かつミクロ単位の高い正確性を誇るものがあるはずだと、私は長らく思ってきたんです。
そして実際、それはそうでした。精密機器の部品の製造というのには、ある特別な方法が用いられていたのです。

――その方法を、《NC旋盤加工》と言います。
このNC旋盤加工。精密機器に使われる部品の中でも、特にネジやボルトや何やといった、円の形がどこかに含まれている、そんな部品を製造するのによく使われる方法である……ということでした。

しかし、どうでしょう、そもそも「NC」とは、「旋盤」とは、何なのだろうか?というふうに、疑問を感じることはありませんか?私は正直に言って、NC旋盤加工に関しては、初めのうちはおびただしい数の「?」が頭の周りを踊っている感じだったのです。
ただしかし、「NC旋盤加工」を、上に書いたように「NC」と「旋盤加工」というふうに分けて、それぞれの意味から考えてゆくと、おぼろげながらどういうものであるか、形が見えてきた感じがあります。
そして実際、どういうものなのか――ここでは部品の製造過程を見てみることにしましょう。

GO TO OTHER SITE

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし
    Search
    Archives